アーカイブ

カテゴリ

インビザライン

・インビザラインとは
インビザラインとは、歯科において不正咬合等の矯正治療を行う際に使用される治療器具、またはその器具を用いた治療法のことをいいます。
使用する器具はプラスチック製の透明なマウスピースで、各患者の歯並びに合わせてオーダーメイドで製作されます。これを装着することで歯に一定の圧力を与え、歯列を矯正します。
器具は矯正の進み具合に応じて複数製作され、交換しながら最終的に望ましい歯並びへと導きます。交換は患者が自ら行うことができます。

・従来の治療器具との比較
従来の矯正治療においては、ワイヤーを使って歯を締め付ける金属製のブラケットという器具を用いるのが主流となっていました。
しかしこの方法はかなりの痛みを伴い、また金属アレルギーを持つ患者には使用できないというデメリットを有していました。
一方、インビザラインは歯に過度の力がかからないため痛みが少なく、金属製品が一切使われていないのでアレルギーの心配もありません。
また、弾力性があるため歯茎や口内粘膜を傷つけるおそれもほとんどありません。

・衛生面・審美面におけるメリット
さらに、患者自らの手による着脱が可能であることから、食事の際は取り外して食べたいものが自由に食べられるというメリットもあります。
もちろん歯磨きも普通に行えるので、器具と歯の間に歯垢がたまってしまうようなこともなく、衛生面においても優れています。
加えて、目立ちにくいという利点もあります。透明でしかも非常に薄い器具であるため、装着したまま人前に出てもそれほど気づかれることがありません。