アーカイブ

カテゴリ

歯周病

●歯周病とは
人間の口腔内には数百とも言われる多種多様な細菌がいますが、普通はそれらの細菌が口の中にいたとしても悪さをすることはありません。
しかし、歯磨きが不十分だとその細菌が住みついている歯垢(プラークと言われる)が取り除けず細菌感染が広がる場合があります。
原因となる細菌が毒素を出して歯茎に炎症が起こり歯周病になった場合、進行すれば歯を失うことにもなりかねません。
また歯垢はそのままにしておくと硬くなり、歯石と言われる状態になります。そうなると普通のブラッシングでは取り除けなくなってしまいます。

●歯周病の進行
健康な歯茎の状態はピンク色をしており、歯肉は引きしまって弾力もあります。
また普通にブラッシングをしたくらいでは出血することもありません。
しかし、病状が少し進むと歯茎が赤みを帯びて炎症を起こし、また引きしまった感じではなく丸みを帯びたようになります。ブラッシングをすると出血するようになり、歯肉炎という状況を引き起こします。
そしてさらに進行すると歯肉が縮小して歯が長く見えるようになったり、膿が出る・グラグラする・口臭が酷いなどの症状も出てきます。

●予防が大切な病気
歯周病になってしまえば治療が行われるのはもちろんですが、大切なのは予防することでそれができる病気です。
それには正しいブラッシングをする必要があります。個人の歯や歯茎の状態によって歯ブラシだけでなく、歯間ブラシなど別の器具を用いたり洗口液を使用するなど効果的なケアをすることです。
また日常のケアで難しい部分については、定期的な健診も兼ねて歯科医院でプロによる歯石や歯垢の除去などを行ってもらうことも大切です。